学生委員会

ホーム » 学生委員会 » 学生委員長挨拶

学生委員長挨拶

COMMITTEE

ご挨拶

國學院大學体育連合会スキー部マネージャー4 年の上田奈々と申します。
 本年度、学生委員長を務めさせていただく事になりました。これまでの3年間、学生委員 として先輩や後輩と経験したことを活かし、 精一杯務めさせていただきますので、どうぞ よろしくお願い致します。

 私は、本当にスキーと無縁の生活を送ってまいりました。スキー部に入ってマネージャー を務めさせていただくことになったきっかけも、偶然が重なりあった結果でありました。そ んな私が今、学生委員を三年間務めたのち委員長になるという覚悟を決められたのは、今ま で委員として学生スキーの世界を支えて こられた 偉大な 先輩方と 、学生に寄り添ってくだ さった理事の方々との出会い のおかげと感じております。
 実際には、ここには書ききれない ほどたくさんの 貴重な体験、楽しかったことや悔しかっ たことを味わってきました。学内でマネージャー業務だ けをこなしていただけでは出会う ことができなかったであろう、たくさんの素晴らしい人たちにも出会うことができました。 しかし、この仕事は ほとんどが裏方で、 他人に理解されたり感謝されたりすることは少ない かもしれません。 その 大変さを身をもって 体感して きただけに、 悔しさや憤りを覚え、理解 されないことが 心底 つらいと感じたこともありました 。それでも、私がここまで学生委員を 続けてきたのは、 ある先輩に言われた、「あなたが成長し 、手掛けた仕事が 成功する 、とい う ことが、自分たちがやってきた仕事や 後輩たちへの働きかけ が初めて評価され るという こと」という言葉が あったからです 。 もちろん、先輩のために仕事をするわけではありませ ん。ただ 、 私は この言葉に、幾多の貴重な経験を得た代わりに、これらを引き継いでいく義 務があると感じたのです。
 委員としての仕事に自信があるわけではありません。不安もたくさんあります。しかし、 私には育ててくださった先輩や、支えてくれる後輩がいます。 失敗をして御迷惑もたくさん おかけしてしまうとは思いますが、私らしい学生委員会の在り方を常に模索し、常に支えて くださる各校 OBOG 会の皆様、支援してくださる企業の皆様に感謝を忘れ ず、スキーに携 わる方全員の心に残る一年を お送りできるよう、尽力してまいります。
 新元号に変わり、いわゆる節目の年ともいえるでしょう。令和の時代もこのスキーという スポーツが、変わらず皆様の愛するものとして末永く続いていきますよう、 今後とも 全日本 学生スキー連盟、並びに学生委員会への ご協力、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上 げます。



國學院大學 体育連合会スキー部 4 年

上田奈々

↑